知覚過敏の歯科治療

知覚過敏を歯科で治す

トップ / 知覚過敏を歯科で治す

歯科で知覚過敏の治療

冷たいものを飲んだ時、歯がキーンと痛くなる事はありませんか?これは知覚過敏です。虫歯もないのに、なぜこんなことが起きるのかとても不思議ではありますが、原因は何らかの理由により象牙質が露出したためにおこります。ブラッシングのし過ぎであったり、歯周病や歯肉炎が原因であったり、歯ぎしりや噛み合わせに原因がある場合もあります。このような場合は、知覚過敏専用の歯磨き粉を使うなどして様子をみると良いでしょう。症状がおさまらない場合は、歯科で診察を受けてみてもいいでしょう。状態が診察されると、その次の治療ではフッ素塗布やレーザー照射を行ったり、レジン等で象牙質が露出した箇所をカバーするなどして治療を行ってくれます。困ったことがあれば、どんな小さな症状でも、一応、歯科に相談してみると良いでしょう。

知覚過敏を治す方法について

虫歯でもないのに冷たい物を飲んだり、歯を磨くとしみるという症状を「知覚過敏」といいます。原因は毎日の間違ったブラッシングだけでなく、歯ぎしりや噛み合わせが悪いことも考えられます。自分でできる対処方法について、最近は知覚過敏用の歯磨き粉が市販されているので毛が柔らかめの歯ブラシで歯磨きをすると症状が治まることがあります。しかし歯科へ行って治療をしなければならないものもあります。それは、虫歯や歯周病が原因の場合で、放置しておくと抜歯や神経を抜くという治療が必要になる場合もあります。自分でできるケアを1週間行っても症状が治まらない場合、また虫歯など口のトラブルが考えられる場合は歯科で治療を受けることをおすすめします。

歯科での定期検査情報