歯科での検査は大事

歯茎が腫れたら歯科へ

トップ / 歯茎が腫れたら歯科へ

歯茎の腫れ−歯科検診へのお勧め

歯茎の腫れは、歯の根の病気歯並び、噛み合わせの悪さや不適合の詰め物、歯ブラシ等による傷からの感染などが原因として考えられますが、原因として最も多いのは、歯茎に炎症が起こっている歯肉炎や歯周病です。歯肉炎は、歯周病の中でも軽度で、症状は歯科でケアすれば症状は治まってきます。30歳以上の多くの日本人がかかっていると言われる歯周病になる前にしっかり治療しましょう。 しかし、原因をはっきりさせることが重要ですので、自己判断せず、しっかり検査し、治療をする必要があります。放置することなく早期に歯科へいきましょう。

歯茎の病気である歯周病

歯茎の病気である歯周病は、簡単に言えば、歯磨きをよくしなくて起こる病気です。歯と歯茎の間に歯垢が生じ、この歯垢が長い期間除去されずにいると、硬くなり歯石になります。この歯石が原因で炎症が起こり、骨が溶けて降りていくのです。骨がどんどん溶けて降りて行くと、歯が揺れて、噛むとき痛むこともあります。自分の歯に自信があるという人が、ある日、歯科に来て、歯を抜く場合がありますが、歯周病からです。歯周病は、音もなく近づいてきて、すべてを台無しにしてしまう恐ろしい病気です。したがって、重要なことは、予防と定期的な検診といえます。血が出たり、腫れたり、口臭がひどかったり、歯が揺れたりすると、すぐに歯科を訪問するようにしましょう。

歯科での定期検査情報