歯科での定期検査

定期的な歯科検診のススメ

トップ

定期的な歯科検診のおすすめ

歯周病予防には、毎日のていねいな歯みがきや定期的な歯科での清掃が大切です。歯周病は、歯と歯ぐきのすき間にたまった歯石(プラーク)に含まれる細菌が原因となって発症します。痛みが出ることがほとんどなく、気づかないうちに進行してしまいます。日本人が歯を失う原因の第一位といわれています。歯石は自分で取ることができないので定期的に歯科で歯石を取ってもらうことが必要です。毎日の歯磨きの際に、歯間ブラシやマウスウォッシュを使って磨き残しがないよう心がけましょう。また、予防や早期発見のためにも定期的に検診を受けることをお勧めします。

歯周病:一度溶けた骨は戻らない

歯を磨いた時に血が出たり、歯茎がムズムズするからと言ってクリニックを訪れる人はいないでしょう。しかし、もうすでにこの段階で歯周病は始まっているのです。歯がグラグラしてくるなどの自覚症状があらわれてから慌てて歯科医院を訪れる人がほとんどでしょうが、これではもう手遅れなのです。なぜならば、自覚症状があらわれている歯周病は、既に歯を支えている骨の大部分が溶かされてしまっているからです。一度溶かされてしまった骨を元通りにすることは非常に難しいのが今日の歯科治療の現状なのです。ですから、健康だっときの状態に戻すのではなく、これ以上進行しないようにすることを目的とした治療を行います。

歯科での定期検査情報